いやーいい本に出会いました。



Ads


目次

出会いのきっかけ

いつものようにスマートニュース(以下、スマニュー)を見ていたら、面白そうな記事があったので、読んでみました。
それが、これ。

いわゆるビジネス本なんだけど

一時期、死ぬほど読んだ(今も読んでいたっけw)ビジネス本の分野なんだけど、なかなか興味深い感想が書いてあったのと、Kindle Unlimitedで配信されているというのが書いてありましたので、読んでみました。

Kindle Unlimitedに入っていない?

これを機会に是非。

ちなみに、単体でも購入可能です。

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である
B01GPCKJWK

意外と早く読めた

読み終えるのに、1週間くらいかかるかな?と思っていました(大げさ)が、なかなか、興味深かった内容だったというのもありますが、実質時間で、約半日ぐらいで読み終えることができました。

過去に私が書いた記事に酷似していた

過去に私が書いた記事に似ている部分がありました。

著者も、勉強(正確には、勉強するための勉強)が嫌いで、興味を持ったものを調べたり、それを深く知るために勉強したり、好きなものに対してのみ、勉強をするという内容でした。

まさに、私もそんな感じです。
ネットワークにつながらない機器に全く興味を示さず、ネットワークに接続できるものだったら、興味を示して、深く知りたいという欲求を覚えます。

2割の時間で8割の仕事を終わらす

全体の2割の時間で、8割完成させるのが重要とのこと。

2割の時間を全力でやり、8割を完成させたら、そのスケジュールが無事進行していて、できなかったら、リスケのお願いをする。

と書かれていました。
これのいい点は、

  1. 8割終わらせたら、あとはブラッシュアップするだけ
  2. 間に合わない(リスケ)という報告が早くできるので、リスケしやすい
  3. 時間に追われる必要がなくなるので、精神的に楽

ということを書いていました。

この本に書いてあるように、スケジュールを守れる人は、どんなに優秀な人でも100人に1人いるかいないかみたいです。

そのせいで評価が落ちてしまって、もったいないということが書かれていました。
#まさに、私のパターン

8割である程度形にする

その8割を形にしておくことが大切とも書かれていました。
というもの、Windows95のバグは何千個もあったみたいです。
致命的なバグを除き、多少の問題があっても、あとで修正(Windows Update等)すればいいので、どんなモノであれ、形にしておくことが大切みたいです。

あなたの仕事は、あなたの仕事を終わらせることにある

仕事というのは、終わらせるものです。
どんな形であれ、スケジュール通りに進めさせないといつまでたっても終わらすことができません。
なので、8割であろうと、アウトプットを出す必要があります。

これは、私にとって、耳の痛い言葉です。
これからは、どんな形であれ、アウトプットを出すようにします。

完璧に作っても、やり直しになる

これは、エンジニアのあるあるなんですが、どんなに完璧に作っても、バグ等で作り直しが発生します。
なので、完璧にできている必要がないのです。

そもそも、何をもって完璧なのかという議論もありますし、突き詰めていくと、時間に追われて、いつまでたっても仕事が終わらない状態になってしまっています。

最速で終わらせてもいけない

かといって、最速で終わらせても、この人はこれだけできるんだからといわれて、どんどん仕事が増えていきます。
なので、2割の時間で8割の仕事を終えても、すぐに、完成の報告せず、ブラッシュアップ等に時間を割きましょう。

外部要因を言い訳にしてはいけない

この本では、10時に待ち合わせで、電車が遅れて、10分遅刻するということは、遅れた原因にしてはいけないと書かれていました。
つまり、外部的な要因(電車が遅れる)は、理由にならないということです。

また、特定の日時に会場へ花を贈るという仕事を与えられ、花屋のミス等で遅れるのは、理由にならないんです。
なぜか?
それは、花を贈るというのが仕事であって、花屋に連絡することが仕事ではないからです。

これは意外に難しく、私自身も外的要因で遅れることがしょっちゅうありますが、それとこれとは、問題の原因が違うということも書かれていました。

なので、外的要因を排除した仕事づくりをするようにと書かれていました。

具体的には、

○○が終わらないから、先へ進めない。

ではなく、

仮想○○を作って、自分の仕事を先に進める

とのことらしいです。

仮想○○が本当の○○になるかもしれません。
それに、前にも書いてありましたが、必ずやり直しがあるので、とっととモックアップを作ってしまって、違うところを修正するという感じにしたほうが効率がいいと書かれていました。

とにかく、さっさとやれ

とにかく、早くやって、さっさと仕事を片付けて、時間に追われない習慣をつけろとも書いていました。
やるからには、2割の時間に全力を注げとのこと。
具体的には、午前中に仕事を終わらせろとも書いてありました。

あらかじめ予習しておいて、学校の授業は予備校の代わり?

面白い勉強方法が書いてあって、あらかじめ予習しておいて、学校の授業で答え合わせ(補完的に授業を受ける)をするというのが、書いてありました。
これは、「ぼくたちは勉強ができない(以下、ぼく勉)」に書かれていた、予備校の使い方に似ていました。
これは、もっと早く知っておけばよかった…orz

とにかく、いろんな意味で時間を有効的に活用できるのでは?

ということで、いろんなところで応用が利くと思いますので、この機会にぜひ。

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である
B01GPCKJWK


読んでいただき、ありがとうございます。
カンパを募っております。
お返しに、自作仮想通貨(トークン)
KWDCOIN(カワダコイン)をお渡ししています。
詳しくは、こちら。

ご支援のほどよろしくお願いいたしますm(__)m